受付時間 8:30-17:00(平日)
診療時間|9:00 - 12:00/13:30 - 15:00(平日)
受付時間|8:30 - 17:00(平日)

受付開始は8:30より、午前は12:00、午後は2:30に終了しますのでお気をつけ下さい。
GW・お盆・年末年始の診療に関しては「お知らせ」をご覧ください。
※1 オンライン診療はLINE診療を利用しております。
※1 再診患者のみの対応です。

休診日 日曜・祝日・年末年始

静岡県静岡市葵区相生町9-5

泌尿器科

urology

私が新潟大学を卒業した1987年は、それまで内科や外科と大きく分かれていたのが、専門的により細分化されてきた時期でした。
例を挙げれば内科が循環器科や消化器科などになり、より専門性が高くなっていたころです。
胃の調子が悪くて、内視鏡検査を受ける。消化器内科で癌とわかった場合、手術をするのは外科(それも消化器外科)に移って、治療を受け退院。
術後しばらくして、また消化器内科に戻り、再発がないか定期的に通院するようになっていました。

ところが、泌尿器科では、血尿があり診察を受け、膀胱癌がみつかった場合、見つけてくれたその先生に、
そのまま手術をしてもらい、術後もずっと再発がないか、検査してもらうことができました。
わたしが、泌尿器科を選んだ理由は、まさにそこにあります。

つまり自分で診断して、必要があれば手術をして、術後の管理も責任をもって継続できることを目指したからです。
その点では、今でも自分で検査を行い診断し、手術が必要な場合は総合病院のオープンシステムを利用して、治療することを現在でも行っています。
もちろん術後も定期的に術後の経過観察をしています。

以下の疾患・治療に力を入れています

  • 男性の毎日の排尿トラブル(前立腺肥大症、過活動膀胱、下部尿路症、神経因性膀胱など)
  • 女性の毎日の排尿トラブル(神経因性膀胱など)、過活動膀胱
    • 薬物療法、理学療法(干渉低周波治療器を用いたものなど)を行ないます
  • 尿失禁(手術前後の管理を含めトータルに対応します)
  • 女性の性器脱(膀胱瘤、子宮脱、直腸瘤)に対する診断と手術を含めての治療
  • 血尿に対するスクリーニング(最新の機器による超音波検査)
  • 尿路癌(腎臓癌、膀胱癌、前立腺癌など)の早期発見のための
    スクリーニング検査
  • がんの検査・治療の特色

膀胱鏡、前立腺生検などは病院外来で、当院医師が出向いて施行、治療および再発予防などに力を入れています。
前立腺癌は、入院なしに外来で治療することが普通になりました(手術となれば別ですが・・・)。

前立腺癌と診断されても悪性度が低くて、病変の広がりが少ない方には、監視療法(薬物や手術などの治療せず、
PSAの推移をみながら経過観察する)という治療法も積極的に支援しています(患者さんの「がんなのに治療をしない」という
不安を取り除くことに最大限の配慮しています)

診療内容

  • 前立腺肥大症の薬物療法
  • 頻尿・尿失禁・過活動膀胱の治療
    排尿日誌を記入後、来院されると診療がスムーズです。
     >排尿日誌パンフレットダウンロード(PDFファイル:989KB)
  • 手術療法(手術は市内の総合病院にてオープンシステムを利用します)
  • 前立腺癌・腎癌の薬物・手術治療
  • 頻尿に対する電気刺激療法
  • 性器の異常(性病も含む)
  • 血尿・蛋白尿に対する腎臓病のスクリーニング
  • 尿路結石に対する薬物療法
  • ED(勃起障害)に関する診断・治療(主に薬物;バイアグラ、レビトラ、シアリスなど)
    ※ED問診表を事前に印刷し、ご記入をいただき、お持ちください。直ぐに処方できます。
     >問診票ダウンロード(PDFファイル:834KB)
  • 男性型脱毛症に効果のあるプロペシア(Propecia)の処方をしております
    万有製薬のホームページで当院が検索できます。各種新薬の治験をおこなっております。詳しくは外来受付にてご案内しております。
  • セカンドオピニオンの実施(メール等ではお答えしておりません)

泌尿器に関することでお悩みの女性の方へ、
当院の主な診察内容についてご案内いたします。

主な支援内容

  • 尿失禁、頻尿(排尿)でお困りの方の相談・治療
  • 性感染症(クラミジア・淋菌など)
  • HIV感染症(保険適用になる場合があります)
  • 頻尿に対する膀胱訓練の指導
  • 骨盤底筋体操の指導
  • 携帯用の尿流測定器を用いた排尿訓練
  • 高齢者の症状に合わせた尿漏れ防止用品の紹介

排尿日誌を記入後、来院されると診療がスムーズです。  
 >排尿日誌パンフレットダウンロード(PDFファイル:989KB)

ご相談の受付について

電話相談を受け付けております。

電話番号:054-247-4011 (8:30~17:00)

※診療時間や診療内容に関するお問い合わせは17時までにお願いいたします。
※お電話で直接治療方針のご案内はしておりません。患者様と直接お会いした上で適切な治療法をお伝えしたいと考えておりますので
ご理解とご協力をお願いいたします。
※電話でのご相談(診療)は再診料がかかります。また、夜間加算や休日加算をご請求する場合がございます。

ご希望の方には、当院泌尿器でお渡ししている尿失禁のパンフレット(オリジナル)をお送りします。

排尿(障害)に関する講演実績

日本全国の排尿(障害)に関する講演会で出席(講演)しております。

泌尿器に関することでお悩みの男性の方へ、
当院の主な診察内容についてご案内いたします。

主な支援内容

  • 尿失禁、頻尿(排尿)でお困りの方の相談・治療
  • 前立腺(炎・肥大症・がん)に関する治療
  • 結石(尿管・腎臓)の治療(薬物治療)
  • 性感染症(クラミジア感染・淋病など)
  • HIV検診(保険適用になる場合があります)
  • 携帯用の尿流測定器を用いた排尿訓練
  • 高齢者の症状に合わせた尿漏れ防止用品の紹介
  • ED(勃起障害)に関する診断・治療(主に薬物;バイアグラ、レビトラ、シアリスなど)
    ※ED問診表を事前に印刷し、ご記入をいただき、お持ちください。直ぐに処方できます。
    >問診票ダウンロード(PDFファイル:834KB)
  • 男性型脱毛症に効果のあるプロペシア(Propecia)の処方をしております
    万有製薬のホームページで当院が検索できます。各種新薬の治験をおこなっております。詳しくは外来受付にてご案内しております。

ご相談の受付について

電話相談を受け付けております。

電話番号:054-247-4011 (8:30~17:00)

※診療時間や診療内容に関するお問い合わせは17時までにお願いいたします。
※お電話で直接治療方針のご案内はしておりません。患者様と直接お会いした上で適切な治療法をお伝えしたいと考えておりますので
ご理解とご協力をお願いいたします。
※電話でのご相談(診療)は再診料がかかります。また、夜間加算や休日加算をご請求する場合がございます。

ご希望の方には、当院泌尿器でお渡ししている尿失禁のパンフレット(オリジナル)をお送りします。

排尿(障害)に関する講演実績

日本全国の排尿(障害)に関する講演会で出席(講演)しております。

診療時間

午前

午後

8時30分から12時30分

13時30分から15時

休診日

休診日

夏季休診

年末年始休診

土曜日・日曜日・祝日

なし。

お知らせにてご案内します。

TREATMENT

診療科目

静岡市内で最も歴史ある泌尿器科として、皆様に信頼いただける病院づくりを目指しております。
からだに優しい診察、治療を心がけております。無駄な検査、投薬を行わないようにしております。既に他院にて行った検査結果などがございましたら ぜひご持参下さい。また、セカンドオピニオンも対応させていただいております。
治療に対する不安や不信な点があればお気軽にご相談下さい。

初診の方へ

上部へスクロール
2023© kageyama iin. All Rights Reserved.